関係リンク
 
 
 
 
 
●南方熊楠顕彰会
 田辺市が進める南方熊楠顕彰事業の運営母体として、「南方熊楠邸保存顕彰会」が昭和62年6月発足。南方熊楠邸の保存管理と南方熊楠の学業の成果を顕彰することを目的に十数年にわたり「南方熊楠賞」「南方を訪ねて」をはじめ、熊楠の研究業績や実像を紹介する取り組み、南方邸に遺され た蔵書・研究資料の調査研究や整理保存を行うなどの顕彰事業の運営を担ってきました。
 南方熊楠顕彰館の開館(平成18年5月)に伴い、継続性・発展性のある顕彰・研究に取り組むことができるよう、目的を「熊楠翁とその学問的業績に関心を寄せる者及び調査研究する者が交流し、相互に理解を深めるとともに、熊楠翁を広く顕彰すること」と規約を改め、名称も「南方熊楠顕彰会」に変更しました。
 また、会員制を導入し新たに広く会員を募ることで、熊楠に関心のある方や市民の皆様から研究者まで幅広い会員により構成される新体制となり、組織が活性化され、活力的に顕彰活動を展開することができるようになりました。
 
●南方熊楠顕彰会の組織
 会長    1名 田辺市長
 副会長   2名
 常任理事 10名以内
 理事     30名以内
 会計    1名
 監事    2名

組織図 クリックすると拡大表示されます
 
 
●画像の無断使用禁止

 当ホームページの画像は南方熊楠顕彰館の所蔵資料です。無断で使用することを禁じます。
 ご利用になりたい方は南方熊楠顕彰館に申請してください。
 申請方法はこちら
 
●南方熊楠顕彰会と南方熊楠顕彰館
 南方熊楠翁(1867-1941)が生涯を費やして蓄積した人文・自然科学の多岐にわたる膨大な研究資料のほとんどは、翁が後半生を過ごし、研究活動の拠点とした田辺市の邸内、特に書庫(土蔵)内に遺されていました。これらは、翁の没後、ご遺族の方々が中心となって大切に保存され、ほぼ散逸することなく受け継がれてきました。
 1975(昭和40)年には、白浜町番所山に「財団法人 南方熊楠記念館」が開館し、以後多くの来館者を迎え、翁の業績を広く紹介しています。
 田辺市では、この南方熊楠翁の業績を顕彰し、あわせてその終の栖となった邸を保存することを目的として、1987(昭和62)年6月に「南方熊楠邸保存顕彰会」(以下、顕彰会)が発足しました。この顕彰会は、1989(平成元)年から全国に向けて募金活動を展開し、その結果として各方面から多額の寄付が集まりました。田辺市および顕彰会は、これらの浄財とふるさと創生資金による基金を積み立て、その利息を財源として邸内の資料の調査研究や整理保存、南方熊楠賞の制定、南方を訪ねての開催、南方邸の公開等、翁の業績を顕彰する事業を実施してきました。
 2000(平成12)年6月に翁の長女の南方文枝氏が逝去され、南方邸ならびに邸内の蔵書・遺品・草稿・標本などの資料は田辺市に遺贈されることとなりました。これを契機として、将来にわたってこの先人の遺産を恒久的に保存し、その思想および学問活動に関する調査・研究を充実させるとともに、その成果を発信するための拠点を設置することが急務となり、2002(平成14)年に顕彰会により南方熊楠研究所(仮称)基本構想が策定され、南方熊楠研究所(仮称)建設委員会が設置されました。2003(平成15)年に建設委員会において「南方熊楠研究所(仮称)基本計画案」を策定し、答申されました。
 「南方熊楠を全国、世界に向け情報発信する絶好の機会であり、熊楠の名を冠する施設という観点で、設計業務にもっとも適した設計候補者を公開式のコンペ方式により選考する」という基本計画案により、2003(平成15)年5月から南方熊楠研究所(仮称)設計提案競技を行い、設計者を選考し、12月に最優秀作品提案者と設計業務委託契約を結び、設計業務を進めた。2004(平成16)年8月には、仮称であった施設名を「南方熊楠顕彰館」と決定しました。同年9月に入札により施工業者を決定し、建設に着手、2005年(平成17)年7月に「南方熊楠顕彰館」が竣工しました。
 また、南方熊楠旧邸についても、2005(平成17)年11月より熊楠翁往時の雰囲気を彷彿させるよう、復元・改修工事に着手し、2006(平成18)年3月に工事が完了し、大正年間の姿を取り戻しました。

南方熊楠顕彰会事務局
〒646-0035
   和歌山県田辺市中屋敷町36番地
南方熊楠顕彰館内
TEL 0739-26-9909 / E-Mail minakata@mb.aikis.or.jp

※画像の無断使用禁止
inserted by FC2 system