南方熊楠顕彰館
 戦後間もなく、大蔵大臣で民俗学者でもあった渋沢敬三は昭和天皇から熊楠の逸話めいたものを聞かされたそうです。昭和4年の田辺での進講の時の話で「南方には面白いことがあったよ。長門(御召艦)に来た折、珍しい田辺付近産の動植物の標本を献上されたがね。普通献上というと桐の箱か何かに入れて来るのだが、南方はキャラメルのボール箱に入れて来てね。それでいいじゃないか」というものでした。
 その頃、渋沢はミナカタ・ソサエティを結成して顕彰事業に着手していました。「ミナカタ・クマグス展」の開催と著作集の刊行でした。展覧会は東京・大阪をはじめ全国の四ヵ所で開かれ、同時に『南方熊楠全集』(全12巻)も出版されました。
 1962(昭和37)年5月、昭和天皇は南紀に行幸され、宿舎から雨に煙る神島をご覧になりました。33年前、熊楠の案内で神島に粘菌を探られた日も雨でした。「雨にけふる神島を見て紀伊の国の生みし南方熊楠を思ふ」―翌年1月1日の新聞に発表されたこのお歌が、その後の熊楠顕彰に大きなはずみとなり、1965年には白浜町に南方熊楠記念館が開館しました。  田辺市でも記念館建設は盛り上がりをみせましたが、諸事情により建設を断念せざるを得ませんでした。

 南方記念館建てよと鳶は啼くのでせう  建たぬは市の恥市長さんあんたらの恥

 友人であり、熊楠没後もよく遺族の面倒を見、熊楠の記念館建設を熱望して奔走した野口利太郎が詠んだ歌です。
 没後50年にあたる平成三年頃の熊楠ブームから、熊楠顕彰の気運が高まり、南方熊楠邸保存顕彰会(現南方熊楠顕彰会)が組織されました。また、熊楠の長女にあたる南方文枝の依頼から始まった邸書庫の蔵書・資料類の調査は顕彰会が中心となり、研究者により引き続き進められました。平成12年に文枝が亡くなった後、その遺志によって旧邸と蔵書・資料はすべて田辺市に遺贈され、平成18年には旧邸隣地に南方熊楠顕彰館がオープンしました。
 この間、熊楠の基礎資料の整備が進み、『南方熊楠邸蔵書目録』、『南方熊楠邸資料目録』が完成、またさまざまなかたちで資料のデジタル化・データベース化が進められてきました。現在、未刊行の部分の多い日記や書簡など重要資料の翻刻が、顕彰館を拠点におこなわれています。基本資料が整備されるにつれ、熊楠をより多角的に分析するような研究もさかんに行われるようになり、南方熊楠の学問は、21世紀において大きな可能性をもつ人類の知的財産になろうとしているのです。

  
  
 ①展示パネル
②交流閲覧室 ③学習室 
④収蔵庫

 南方熊楠顕彰館は、南方熊楠邸に遺された蔵書・資料を恒久的に保存し、熊楠に関する研究を推進し、その成果の活用を図り、熊楠について顕彰するための施設として平成18年5月に開館しました。顕彰館では、所蔵資料を大切に保存しつつ、広く所蔵資料を公開してます。

①ロビーの展示パネル。

②南方熊楠邸の土蔵に保管されていた二万五千点以上の資料を保管する収蔵庫。
収蔵庫内の資料は、年四回の展示、春と夏、年二回の特別企画展開催中に見ることができる

③学習室では講演会、特別企画展を開催。熊楠についてもっと学びたい場合は、講師の話を聞くこともできる(団体のみ・申込要)。

④二階の交流・閲覧室では、パソコンを使って南方二書・菌類図譜の画像や熊楠の日記を見ることができる。また、顕彰館にどのような資料が収蔵されているか検索することもできる。本棚には熊楠関連書籍が充実しており、顕微鏡では変形菌(粘菌)の標本などを観察することができる。
   
 もどる

南方熊楠顕彰会事務局
〒646-0035
   和歌山県田辺市中屋敷町36番地
南方熊楠顕彰館内
TEL 0739-26-9909 / E-Mail minakata@mb.aikis.or.jp

※画像の無断使用禁止
inserted by FC2 system